道路迂回、最終決定へ!

 「関さんの森」応援団事務局です。このサイトの更新が長くなされず、申し訳ありませんでした。
 昨年12月以降、様々の皆さんのはたらきかけによって、地権者である関家と市側との折衝が続けられ、緊迫した状況がつづいてきました。そして、その結果、ついに2月5日に、松戸市は「強制収用手続を中断」し、関家が提案した迂回案を軸に道路案づくりをすすめ、最終的に合意した時点で「手続をとりやめる」ということで、双方の合意が成立しました。
 詳細は以下の各紙の報道をご覧下さい。

朝日新聞記事(2月5日)
http://mytown.asahi.com/chiba/news.php?k_id=12000000902050003
朝日新聞記事(2月6日)・・・写真省略
http://mytown.asahi.com/chiba/news.php?k_id=12000000902060002
毎日新聞記事(2月6日)
http://mainichi.jp/area/chiba/news/20090206ddlk12010202000c.html
東京新聞記事(2月6日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20090206/CK2009020602000111.html
千葉日報記事(2月6日)・・・写真・記事本文省略
http://www.chibanippo.co.jp/news/chiba/local_kiji.php?i=nesp1233887377
読売新聞記事(2月6日)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/chiba/news/20090205-OYT8T01154.htm

 道路づくりはすすめられますが、土地収用は凍結されルートは迂回されることとなり、大事な長屋門や蔵等は現状のまま遺されることになります。関さんの森と文化財は、ついに最大の危機を克服することになったのです!!

 私たち事務局は、今回のキャンペーンにあたって、お名前をお出しいただいた132名の方々に心から御礼を申しあげたいと思います。また、このブログを見て、署名活動にご協力してくださったり、エールを送ってくださった全国各地の皆さんにも心から謝意を表したいと思います。
 みなさま、本当にありがとうございました。

 このあと、道路づくりについては、ルートや形状等についての最終的な合意案が作成されるまで、関家と市側との間でさらに交渉が進められることになります。私たち応援団としても、最後までその成り行きを見守りたいと思います。その結果については、またご報告させていただく所存です。


| | コメント (81) | トラックバック (0)

賛同者の皆さん(11月15日まで)

************************

私たちは、松戸市が市道3.3.7号線にかかわる土地収用手続を停止し、関家及び市民との対話によって、「自然と共生する道路」づくりをすすめてくださることを心から願います。

************************

 新たに以下の1名の方が賛同のご連絡をお送りくださいました(敬称略)。
*中村雅子(桜美林大学)

 賛同者一覧(五十音順/敬称略/随時更新しています)
青木利夫(広島大学) 青沼裕之(武蔵野美術大学) 浅井美香(一橋大学大学院生) 鐙屋一 (目白大学) 阿部治(立教大学) 安部真理子(沖縄リーフチェック研究会) 荒井容子(法政大学) 荒井文昭(愛知教育大学) 安藤聡彦(埼玉大学)  安藤直子(東洋大学) 安藤由布樹(作曲家) 五十嵐敬喜(法政大学) 伊集院郁夫(新読書社) 伊豆 宏 (明海大学名誉教授) 市川守弘(弁護士) 一見真理子(国立教育政策研究所) 今川朱美(広島工業大学) 岩﨑正吾(首都大学東京) 岩田好宏(子ども と自然学会会長) 岩本陽児(和光大学) 上田善弘(岐阜県立国際園芸アカデミー) 上原公子(元国立市市長) 内海和雄(一橋大学) 遠藤忠(宇都宮大 学) 延藤安弘(愛知産業大学) 及川智志(弁護士) 大田堯(東京大学名誉教授) 太田美幸(鳥取大学) 大谷直史(鳥取大学) 大谷実(金沢大学)  大原一興(横浜国立大学) 大堀聡(早稲田大学) 大森亨(北海道教育大学釧路校) 岡幸江(埼玉大学) 岡田進(東京外国語大学名誉教授) 小川潔(東 京学芸大学) 小倉将志郎(静岡大学) 小栗有子(鹿児島大学) 尾崎正峰(一橋大学) 織田創樹(ワールドウォッチ研究所日本代表) 小山田 義夫 (元流通経済大学) 柿内真紀(鳥取大学) 梶島邦江(埼玉大学) 片岡洋子(千葉大学) 勝田由美(工学院大学) 川口智久(一橋大学名誉教授) 川野 辺敏(星槎大学) 北見秀司(津田塾大学) 木下勇(千葉大学) 木村元(一橋大学) 黒坂黒太郎(コカリナ奏者) 倉元淳(弁護士) 小澤紀美子(東海 大学) 後藤さゆり(共愛学園前橋国際大学) 坂口洋一(上智大学名誉教授) 坂本正寿(弁護士) 笹沼弘志(静岡大学) 佐藤和夫(千葉大学) 佐藤一 子(法政大学) 澤野由紀子(聖心女子大学) 三戸信人(山口大学名誉教授) 柴田徳衛(東京経済大学名誉教授) 柴田佳宜(弁護士) 島崎隆(一橋大 学) 嶋田久夫(弁護士) 鈴木久仁博(日本大学) 関春南(一橋大学名誉教授) 妹尾理子(香川大学) 園山大祐(大分大学) 高尾隆(一橋大学) 高 口明久(鳥取大学) 高瀬淳(岡山大学) 高橋寿一(横浜国立大学) 竹峰誠一郎(和光大学) 多田千尋(東京おもちゃ美術館館長) 田中宏美(藤女子大 学) 田中正治(遊学の森トラスト) 寺西俊一(一橋大学) 津谷裕子(化学物質による大気汚染を考える会・J会員) 土井妙子(金沢大学) 堂前雅史 (和光大学) 内藤正明(仏教大学) 中静透(東北大学) 中島明子(和洋女子大学) 中島敏 博(千葉大学) 中田康彦(一橋大学) 中村攻(千葉大学名誉教授) 中村雅子(桜美林大学) 西山明行(弁護士) 二宮祐(一橋大学) 長谷川裕(琉球大学) はったあい(イラ ストレーター) 林量俶(埼玉大学) 林大樹(一橋大学) 林弘文(静岡大学名誉教授) 原子栄一郎(東京学芸大学) 日隅一雄(弁護士) 平田 煕 (東京農工大学名誉教授)  福嶋司(東京農工大学) 福田誠治(都留文科大学) 船橋邦子(和光大学) 降旗信一((社)日本ネイチャーゲーム協会理事長) 古瀬徹(鹿児島国際大 学) 古瀬マル(元松戸市民) 増田博光(戦争被害調査会法を実現する市民会議) 松田洋介(滋賀県立大学) 松永裕二(西南学院大学) 水谷邦子(芦屋 大学) 三石初雄(東京学芸大学) 港敦子(詩人) 嶺井明子(筑波大学) 嶺井正也(専修大学) 箕浦とき子(岐阜大学) 宮田穣(相模女子大学) 宮 本憲一(大阪市立大学名誉教授) 御代川貴久夫(一橋大学) 三輪隆(埼玉大学) 武笠敏夫(元・日本大学) 村知稔三(青山学院女子短期大学) 森岡修 一(大妻女子大学) 谷口彰男(日本大学) 安川一(一橋大学) 安川緑(金沢大学) 山垣真浩(大阪経済法科大学) 山田哲也(大阪大学) 山中冴子 (埼玉大学) 除本理史(東京経済大学) 四元忠博(奥山保全トラスト理事長) 和井田清司(武蔵大学) 和井田節子(名古屋女子大学) 渡辺治(一橋大 学) 渡邉健治(東京学芸大学)

以上、132名


| | コメント (1) | トラックバック (0)

道路をまっすぐに通すことの意味は?

<松戸市への要請文>

 長い年月をかけて育まれた自然、そして何世代もの人々が受け継ぎ守ってきた努力の結晶であるこの森は、松戸市の宝です。
 道路をまっすぐに通すことにどれだけの意味があるのでしょうか。少々時間がかかっても、少々経費がかかっても、森を失うことはお金でははかれない重大なことであるとの認識に立って、世界に誇れる英断をしてくださることを切に願っています。

<市民の皆さんへのメッセージ>

 私は千葉市の出身で、外国に行って成田に降り立ったときに目にする山をバリカンで削ったようなゴルフ場の眺めにいつも悲しい思いをしてきました。こんな貧しい遊び方をする一部の人たちのために自然をこわすこととは対極の、子どもからお年寄りまで、そしてたくさんの生きものもともにたっぷり生きていやされるような場所をぜひ守ってください。市議会+市長に考えをかえてもらう、そして、考えをかえない人には退場してもらうパワーをぜひ集めてください。

 中村雅子(桜美林大学)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ナショナル・ジオグラフィックHPをご覧下さい

 こんにちは、関さんの森応援団事務局です。

 『ナショナル・ジオグラフィック』日本語版公式HPに「関さんの森」の特集がアップされました。どうぞご覧下さい。

> http://www.nationalgeographic.co.jp/

 また、署名の締切も近づいております。どうぞ皆さま最後までご協力のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★インターネット署名もはじまりました

「関さんの森応援団」事務局です。

全国各地でご支援くださっているみなさま、いつもありがとうございます。
現在、署名運動を展開中ですが、通常の署名用紙での署名に加え、インターネット署名もはじめました。年齢・地域は問いません。ぜひご協力ください。また、周りの方にもぜひお伝えください。

 ■インターネット署名こちらで受け付けています。
   → 下の方にある「署名のフォームはこちらから」
     クリックしてお入りください。

※電子署名サイトは「関さんの森エコミュージアム」が管理をしています。本署名でいただいた個人情報は本件の陳情(陳情書はこちら)以外には使用いたしません。

署名用紙での署名も継続中です。可能な方は、できるだけ署名用紙での署名をお願いいたします。

 ■署名用紙こちらからダウンロードできます。
 ■松戸市長あての陳情書こちらです。
   資料としてご参照ください。
 ■署名をいただきました用紙は、お手数ですが原本
   下記までご郵送ください。
   送付先 : 〒270-0017 千葉県松戸市幸谷131
         
 「関さんの森エコミュージアム」

最終集約は2008年11月15日(土)です。
この日以降もいただいた署名は松戸市に届けますが、なるべく早めにお願いいたします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

5日(日)の「噂の東京マガジン」をご覧下さい

 こんにちは、「関さんの森」応援団事務局です。

 今度の日曜日(10月5日)、13時からTBSの『噂の東京マガジン』で関さんの森のことが取り上げられる予定です。

 みなさま、ぜひご覧下さい!

| | コメント (14) | トラックバック (0)

「関さんの森を育む会」に英文HPが登場しました!

 こんにちは、「関さんの森」応援団事務局です。

 このたび、「関さんの森を育む会」に英文ページが登場しました。これからも、どんどん情報量がアップされる予定です。皆さんのまわりの英語のほうが伝わりやすいみなさま、あるいは海外在住でこうした問題に関心のありそうな皆さまに、どうぞお知らせ下さい。

> http://homepage3.nifty.com/matsudo/seki/english_page.html

 今後とも「関さんの森」をご支援ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松戸市長への意見書

「関さんの森応援団」事務局です。

千葉大学の木下勇先生による
松戸市長への意見書をご紹介します。

*****************************************

                平成20年9月19日
               千葉大学大学院園芸学研究科教授
                木下 勇(都市計画・環境管理
                松戸市景観アドバイザー)

松戸市長 川井敏久 殿

             意見書

先般、9月17日開催の関さんの森を育む会の都市計画道路3・3・7号線の代替案に関して市の担当の近藤本部長はじめ関係各者との協議に同席させていただきました。具体的検討のためには模型が必要と関さんの森側および市側にも提案して自発的に学生たちと急遽、地形模型を制作して、学識経験者として意見を述べさせていただきましたが、そこで協議を聞いて事の重大さを認識し、ここに意見を述べるものであります。

要望
1.代替案を検討すべく都市計画の変更を行う意義は極めて高い。よって早急にその検討をするべし。
2.土地収用法の手続きを中止し、対話による解決につとめること。

理由
1.について
1)関さんの森は40年以上も子どもたちの森、市民の環境教育の場として開放されてきた公共性の高い緑地である。(財)生態系保護協会に寄付した敷地以外の、道路計画線にかかる個人所有の住宅や庭の部分も含めて、はじめて環境教育の拠点として意味をもつものである。関さん宅や庭はこれまでもビジターセンター的役割を担い、その公共的役割は一般に知られるところであり、環境問題に関する世界的リーダー、レスター・ブラウンも賞賛している。2008年度にエコミュージアムとして発足し、そのオープニングには各界の多くの者から期待の声があがった。エコミュージアムには蔵や門も含めて元名主の形態の屋敷の構成を伝えるために、現状の位置に門や蔵をとどめることに価値がある。エコミュージアムの拠点としてその役割は「住んでよいまち、訪ねてよいまち」という松戸市の基本構想に適うまちづくりの重要な資源でもある。関さんの森エコミュージアムの公共性と都市計画道路の公共性とが葛藤するならば、その両方が共存しうるために迂回案を検討するということは十分に都市計画の変更をすすめる理由となる。

2)屋敷林が相続時に失われる問題は各地で抱える共通の問題である。それに対して、関さんの森は森1.1haを特別公益増進法人(財)埼玉県生態系保護協会に寄付することで森を守り、ボランティア組織関さんの森を育む会が管理に関わるという緑地環境管理のトラスト活動のモデルとして全国的に見ても先駆例として貴重な例である。その活動を支えるために屋敷地を道路で分断することなく迂回策を検討する公共的価値は高い。

3)松戸市でも大きなまとまった緑地が次々と失われている状況の中で、できるだけまとまった緑地として保存するためにも、緑地を分断する現在の道路計画を変更し、迂回してできるだけ大きな塊としての緑地を保存するような代替案を検討し、都市計画の変更を考えることは、環境問題が深刻な当節、ごく妥当な選択肢である。

4)市側が示した暫定案(平成19年2月)でも迂回案が提案されている。それは関さんの森側の代替案と幅員も変わらない。暫定案とはいえ、この事実からしても市側は迂回案を技術的にも検討していたことになり、迂回案の選択の余地はあるということになる。しかしながら9月17日の協議の場において、今回の市側の質問は関さんの森側の代替案が技術的に不十分ではないかというあら探しをしているかのような印象が第三者的に見て感じられた。その点について近藤本部長は否定しておられたが、その言葉を信頼すれば、この協議をきっかけにして、両者が歩みより、協力してより具体的に都市計画の変更になりうる代替案を検討することがとるべき道である。過去の経緯はともかくも、関さんは市道に反対するのではなく代替案を提案し、場合によっては土地の提供も考えるというのであるからしても、恊働を進める松戸市ならば積極的に市民が求めるものを汲取り、市民に弱いところの技術的解決策を提示するのが行政の専門家が示す姿と考える。

2.について
1)土地収用法は憲法29条に基づくように財産権の侵害に対して公共の福祉が優先される場合に適用される。上記に述べたようにここでは市民に開放された緑地の保全やエコミュージアムという環境教育の場としての公共性と幹線道路の公共性の対立があり、そのためには専門的および技術的叡智を費やして解決策をさぐるべきであり、十分にその検討を行わずして、土地収用法の手続きに入るのは、その検討の怠慢以外のなにものでもなく、環境倫理(次世代倫理)の道徳に反するあるまじき行為である。

2)土地収用法は最終的手段の権力の行使であり、むやみやたらにそれを持ち出すことは、参加や恊働が重要となっている今日において、前時代的感覚と言わざるを得ない。力に対して力がぶつかり問題をこじらせてきた例を千葉県では成田空港問題で経験している。結果、対話のラウンドテーブルが解決を見いだすように、対話のプロセスが重要というのは世界的認識である。まして前述のように十分な検討を行わず、しかも反対のための反対ではなく、関さんの森側も譲歩しながら代替案を提示している(さらに場合によって土地の提供も考えている)。両者が歩み寄り話し合いによって解決できる余地が残りながら、その方向を選ばないとしたら、より問題をこじらせ、また将来に禍根を残すこととなろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「開発より保全」の国土計画との大きな差

 国土審議会でも、国土計画において開発より保全という方向性を出し、「保全」を第一に掲げているのですが、千葉県や県内の自治体が未だ古い体質でことを進めている様子に運動にかかわる皆様のご苦労に頭が下がる思いです。

 「環境の世紀」という認識と、我々人間が地球から間借り人であるということの認識が全くないということをDVDは示していますね。さらに洞爺湖サミットの戦略では、低(脱)炭素化社会、自然共生型社会、資源循環型社会を目指すと提唱しているのに、未来をみすえた全体的な視野からきめ細やかな対話を積み重ね、地域住民の幸福度を高めていくという姿勢が松戸市の職員に見られません。

 「生きられた空間」を利便性の名のもとに破壊してきた大人の責任は大きいですね。私たちに子どもの未来を奪う権利はもはやないと思います。

 江戸時代からの建物を残し、まちの中の緑や生き物を守ることこそ、未来の子どもへの贈り物だと思います。

 今、日本のあちこちで、遠いところで静かに小さな変革の波が起こっています。センス・オブ・プレイスに裏付けられた持続可能な地域づくりこそ、日本を元気にしていくことにつながると思います。里山・里地づくりだけではなく多くの人が住み、精神的安寧を求めるところ、都市にこそ「命のつながりを学び、育む場」こそ必要なのです。

 「関さんの森」を守る様々な組織が連携し、運動を継続し、輪を広げていくことを応援していきたいと思います。

 小澤紀美子(東海大学特任教授)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★署名運動をはじめました。ご協力をお願いいたします!

「関さんの森応援団」事務局です。

「関さんの森を育む会」「関さんの森エコミュージアム」は
8月31日に松戸市に「関さんの森道路案」を提出しました。
森へのダメージを極力抑え、歴史遺産も残せるように
都市計画コンサルタントの方たちの協力を得てつくった道路案です。
地権者である関さん姉妹は、この道路案の実現のために
道路用地を松戸市に寄付する意向です。

この道路案の実現にむけて、署名運動をはじめました。
未来の子どもたちに里山を残すために、
皆様のご協力を心よりお願い申し上げます。

 ■署名用紙こちらからダウンロードできます。

 ■松戸市長あての陳情書こちらです。
   資料としてご参照ください。

 ■署名をいただきました用紙は、お手数ですが原本
   下記までご郵送ください。

 送付先 : 〒270-0017 千葉県松戸市幸谷131
         
 「関さんの森エコミュージアム」

松戸市内でも署名運動をすすめていますが、
松戸市にお住まいでない方もぜひご協力をお願いします。
皆様のご協力が、草の根の運動をすすめる大きな力になります。
どうか1人でも多くの方に、この運動のことをお知らせください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

関さんは松戸市民の宝です

 個人的には何の利益もないのに、まちの自然を守ろうとされる関さんは松戸市民の宝です。
 土地収用法を片手に、ブルドーザーでこうした市民の志を押しつぶすことは、恥ずかしいことです。己らの非を心し、自然豊かなまちづくりに向けて、急ぐことなく、努めて下さい。それが文化都市へと松戸を育てていく道なのです。

 中村攻(千葉大学名誉教授)


| | コメント (1) | トラックバック (0)

自然と共生する生活空間づくりを

世界の流れは、人と自然が共生し、車から人を解放して道路を人々の出会いの場に再生する方向が模索され、次第に大きな流れになろうとしています。20世紀の高度経済成長とモータリゼーションを前提にしてきた都市計画を転換し、人々が共に暮らし、自然と共生する生活空間づくりを選択してください。子どもから自然を奪えば、豊かな未来は訪れず、必ずひどいしっぺ返しがくるでしょう。その時にはもう手遅れなのです。

中島明子(和洋女子大学)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松戸市議会のインターネット中継をご覧下さい

 こんにちは、「関さんの森応援団」事務局です。

 現在開催中の松戸市議会において、「関さんの森」の強制収用をめぐる議論がなされていますう。同市ホームページでそのインターネット中継(録画)を見ることができますので、どうぞご覧下さい。

> http://www.city.matsudo.chiba.jp/index.html

 地域の環境資源の保全ないし破壊をめぐる合意形成がどういった議論のなかで取り決められているか、じっくり見せていただきましょう。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

対話によってトンネル案を実現しよう

"関さんの森"は、特定の個人や町の財産として在るのではなく、公的な社会資源と言えるものではないでしょうか。森は、豊穣、成長、発展、未来を現す暗喩としての意味合いを持ち、多様な価値や意味をもたらす小宇宙として存在します。人と自然がかかわり合って産み出される発展的事象や、自然の中で人と人が交流して成長できる場というものを、私たちは大切にしなければなりません。
 
一方、利便性の高い道路建設は、住民の暮らしを豊かにする上で意味のあるもの。両者を何とかして共存させたい! このことも、多くの人々の願いだと思います。
 
"関さんの森"を分断せず、利便性も追求できる一石二鳥の方法とは? それは、"トンネル案"しかありません。両者で、トンネル案の実現に向けた理念の明確化と共有化を図り、資金確保のための具体的な戦略を練ること。解決への糸口は、対話をもって図るしかないと思います。
 
地球環境の危機が叫ばれて久しい昨今、次世代に、"関さんの森"という宝を残せるように、我々は英知をもってこの問題を解決したいものです。

 
安川緑(金沢大学)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

事務局からのお知らせ

 みなさん、こんにちは。「関さんの森」応援団事務局です。

 千葉県中央博物館副館長の中村俊彦先生が、千葉県の地域紙『ふれあい毎日』に「強制執行で故郷の里山破壊へ」と題する記事を掲載されています。

> http://www.bunya.ne.jp/fureai/rensai/0809/tsushin.htm

 中村先生は、8月31日の関家及び「関さんの森を育む会」による新道路提案発表の記者会見の際に同席してくださった先生です。

 もうすぐ署名及び電子署名が始まります。そちらのほうのご協力も、なにとぞよろしくお願い申しあげます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

賛同者の皆さん(9月1日まで)

************************

私たちは、松戸市が市道3.3.7号線にかかわる土地収用手続を停止し、関家及び市民との対話によって、「自然と共生する道路」づくりをすすめてくださることを心から願います。

************************

 本日新たに以下の1名の方が賛同のご連絡をお送りくださいました(敬称略)。

*林量俶(埼玉大学)


 賛同者一覧(五十音順/敬称略/随時更新しています)

青木利夫(広島大学) 鐙屋一(目白大学) 阿部治(立教大学) 安部真理子(沖縄リーフチェック研究会) 荒井容子(法政大学) 荒井文昭(愛知教育大学) 安藤聡彦(埼玉大学) 五十嵐敬喜(法政大学) 伊集院郁夫(新読書社) 市川守弘(弁護士) 一見真理子(国立教育政策研究所) 今川朱美(広島工業大学) 岩﨑正吾(首都大学東京) 岩田好宏(子どもと自然学会会長) 岩本陽児(和光大学) 上田善弘(岐阜県立国際園芸アカデミー) 上原公子(元国立市市長) 内海和雄(一橋大学) 遠藤忠(宇都宮大学) 延藤安弘(愛知産業大学) 及川智志(弁護士) 大田堯(東京大学名誉教授) 太田美幸(鳥取大学) 大谷直史(鳥取大学) 大谷実(金沢大学) 大原一興(横浜国立大学) 大堀聡(早稲田大学) 大森亨(北海道教育大学釧路校) 岡幸江(埼玉大学) 岡田進(東京外国語大学名誉教授) 小川潔(東京学芸大学) 小倉将志郎(静岡大学) 小栗有子(鹿児島大学) 尾崎正峰(一橋大学) 織田創樹(ワールドウォッチ研究所日本代表) 柿内真紀(鳥取大学) 梶島邦江(埼玉大学) 片岡洋子(千葉大学) 勝田由美(工学院大学) 川口智久(一橋大学名誉教授) 川野辺敏(星槎大学) 北見秀司(津田塾大学) 木下勇(千葉大学) 倉元淳(弁護士) 後藤さゆり(共愛学園前橋国際大学) 坂本正寿(弁護士) 笹沼弘志(静岡大学) 佐藤和夫(千葉大学) 佐藤一子(法政大学) 澤野由紀子(聖心女子大学) 三戸信人(山口大学名誉教授) 柴田徳衛(東京経済大学名誉教授) 柴田佳宜(弁護士) 島崎隆(一橋大学) 嶋田久夫(弁護士) 鈴木久仁博(日本大学) 妹尾理子(香川大学) 園山大祐(大分大学) 高口明久(鳥取大学) 高瀬淳(岡山大学) 高橋寿一(横浜国立大学) 竹峰誠一郎(和光大学・非) 多田千尋(東京おもちゃ美術館館長) 田中正治(遊学の森トラスト) 寺西俊一(一橋大学) 津谷裕子(化学物質による大気汚染を考える会・J会員) 土井妙子(金沢大学) 堂前雅史(和光大学) 内藤正明(仏教大学) 中静透(東北大学) 中島敏博(千葉大学) 中田康彦(一橋大学) 二宮祐(一橋大学) 長谷川裕(琉球大学) はったあい(イラストレーター) 林量俶(埼玉大学) 林大樹(一橋大学) 林弘文(静岡大学名誉教授) 原子栄一郎(東京学芸大学) 福嶋司(東京農工大学) 福田誠治(都留文科大学) 降旗信一((社)日本ネイチャーゲーム協会理事長/和光大学・非) 松田洋介(滋賀県立大学) 松永裕二(西南学院大学) 水谷邦子(芦屋大学) 三石初雄(東京学芸大学) 港敦子(詩人) 嶺井明子(筑波大学) 嶺井正也(専修大学) 宮田穣(相模女子大学) 宮本憲一(大阪市立大学名誉教授) 御代川喜久夫(一橋大学) 三輪隆(埼玉大学) 村知稔三(青山学院女子短期大学) 森岡修一(大妻女子大学) 安川一(一橋大学) 山垣真浩(大阪経済法科大学) 山田哲也(大阪大学) 山中冴子(埼玉大学) 除本理史(東京経済大学) 四元忠博(奥山保全トラスト理事長) 和井田清司(武蔵大学) 和井田節子(名古屋女子大学) 渡邉健治(東京学芸大学)

以上、104名

| | コメント (1) | トラックバック (0)

解決・共生・協働の道に向かって

 都市に残る貴重な自然環境が、さらに子どもたちの感性を育む場所として生き生きと息づいていることに感動しました。
 これからの都市づくりは開発ではなく、共生・協働の関係づくりが大切だと考えます。
 人にとっても地域にとっても大切な地域資源を、たとえ困難な状況があろうと、官民共同で乗り越えていくことこそ、松戸市が未来へとつづく環境共生社会を作りあげていくことつながると思います。
 破壊・開発から解決・共生・協働への道が開かれていくことを願っています。

 田中宏美(藤女子大学)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

計画の変更は難しいことではない

 今日の社会情勢や世論を踏まえると、地権者、(森を維持したい)地域の住民や子どもたち、道路を欲する人たち、行政当局のすべてが利益が得られるような計画の変更は、そんな難しいことでないように思われます。ましてや子どもたちの環境教育の場として定着している森という点については、首長部局と教育委員会とで意見調整を行ったのか疑問を感じます。
 行政をはじめとした社会の諸システムは、当事者を幸福にすべきものであり、あらゆる関係者が、それぞれに利益を得られるよう知恵を絞らなければ無意味であると思います。

 高瀬淳(岡山大学)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かけがえのない宝物を継承するために

 遠い大きな自然の保全も大切ですが、都市の中の身近な自然は子ども達にSense of Wonder―生命への不思議な感覚を呼び覚まします。日本の現代社会の深い悩みを解きほぐす重要なポイントは、深い自然の生命の系を実感できる場所の力の保全と未来への継承です。このかけがえのないタカラモノを孫子の世代に継承するために、共生の多様な可能性を実現するためのエイチを集めましょう!

 延藤安弘(愛知産業大学)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

市議会議員の見解を問いたい

 資料「みんなで作る関さんの森・・・」2008年7月21日刊の「関係年表」(18ページ)によると、今回のケースはすべて64年9月14日における都市計画道路3・3・7号線の決定が出発点であり、市はその当時の決定をそのまま金科玉条に守り、今それを実行しようとするようです。しかし、この3・3・7号線の決定が見られたのは1964年、すなわち半世紀近くも昔です。当時の日本 (そして松戸市)は戦後の貧しさから復興させることを第一とし、そのために道路をたくさん造り、そこに一台でも多くの自動車を少しでも早く円滑に走らせることが第一としていました。そしてその成果が確かに あがった現在は、市民の生活を豊かで安全健康にし、子どもの遊び場を少しでも多く作ることが第一になっています。半世紀も昔の決定を今ここで洗い直し、すでにでた由の地下走行案、赤道案等々を新しい視点で 検討すべきです。
 次に市政に大事な市議会において、「本3・3・7号線の早期開通に関する決議」が賛成多数で採択されたと07.12.20の日付にありますが、そのとき賛成の市議会議員に改めてその見解を市民側から問いたいです。

 柴田徳衛(東京経済大学名誉教授)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「関さんの森」は歴史的・社会的な「証人」

 農家の屋敷というものは、都市に住む私たちの住宅とは全く意味の異なるものであることを聞いております。単なる憩いと休息の場ではなく、仕事の場であると学んでおります。農家の人たちの行う仕事は外仕事と内仕事に分けられます。外仕事は、田畑での「野良仕事」と里山での「山仕事」からなっていますが、屋敷で行う内仕事は、外仕事の準備であるとともに収穫物の最後の整理でもあります。屋敷畑は主食以外の家族の食糧を供給する場であり、屋敷林は環境保全、内仕事に必要な原材料供給、燃料供給の場でありました。

 このように見てきますと、屋敷は田畑とセットになって農村の基本単位となり、農業生活の拠点であり、国民の食糧生産の基であります。そうした農業生活の場が貴重にも残されている関さんの森は、松戸市の自然環境の重要な要素であるだけでなく、歴史的・社会的な重要な「証人」でもあります。どうぞ市民の皆様が挙ってその保存にお力を下さいますよう、また市行政当局におかれましても、再考されますことをお願い申上げます。

 岩田好宏(子どもと自然学会会長)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

理不尽なやり方に反対!

このような理不尽なやり方に反対します。関さんにご健康等、
大事になされるように、よろしくお伝え下さい。また、大変で
しょうが、「関さんの森応援団」の皆さんの御奮闘を祈ります。

 岩﨑正吾(首都大学東京)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心からの御礼とお願い!

 コメントをくださった全国の皆様へ

 「関さんの森」応援団事務局です。

 昨日は、高校生の皆さんを含め、全国各地からお心のこもったメッセージを頂戴いたしまして、まことにありがとうございました。大変感動しつつ拝読させていただきました。心より御礼申し上げます。

 「関さんの森」の問題は、ローカルな問題ではありますが、今後の日本の地域社会をどうデザインしていくのか、そこにおける合意形成をどう行っていくのか、にかかわる、きわめて大きな問題だと考えております。だからこそ、私たちはこの問題を座視することができません。

 みなさまに、さらに以下のお願いをさせていただくことをお許し下さい。

1)「関さんの森」をめぐる問題、さらに私たち「応援団」のこのブログや「関さんの森を育む会」のHP(この頁の右上にリンクがはってあります)の存在をぜひお仲間にお伝えください。

2)多くの皆様からご提案がありましたが、私たちはこれから署名活動を展開することを検討しております。この活動にご協力いただける方は、ぜひ私たちの事務局

> sekisan-no-mori-ouendan@mbe.nifty.com

までご連絡ください。

 地域社会には多様な方々が住んでいらっしゃいます。それゆえ多様な意見が存在しています。だからこそ、丁寧に時間をかけて合意を形成してくことが不可欠です。そうした丁寧なプロセスをふんでいくこと自体がこれからの日本の地域づくりにはどうしても必要です。

 ぜひ今後とも「関さんの森」をご支援ください!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

保全も含めてきちんと協議を

「関さんの森」は子供達の環境教育の場となっている貴重な自然です。その保全も含めて、皆さんときちんと協議したうえで、手続を進めるよう求めます。

 嶋田久夫(弁護士)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関さんの森問題が再びテレ朝で報道されます

 8月21日(木)テレビ朝日放映予定

  11時25分〜13時05分「ワイドスクランブル」。関さんの森道路問題・立入調査の件などが放映されます。五輪を含め、突発的なことがなければこの日に放送です。7月3日にもこの時間で取り上げられ、10分以上、かなりまじめな報道がなされました。

  知り合いの方に、ぜひ宣伝してください。

 事務局

| | コメント (35) | トラックバック (0)

「立ち入り調査」をめぐる報道をご覧下さい

 「関さんの森応援団」事務局です。みなさま、「関さんの森」問題に関心をお持ちいただきまして、ありがとうございます。

 さて、ご承知のように、「関さんの森」では、8月7日と8日に、70人を上回る松戸市職員及び業者による「立ち入り調査」が行われました。

 その模様を取材した映像が地元のコアラテレビのHPで閲覧できますので、どうぞご覧下さい。

>http://bb.jcn-kktv.co.jp/news/news_list.html

 また、地元の『松戸よみうり』紙にも詳しい記事が掲載されていますので、あわせてご覧下さい。

>http://www.matsuyomi.co.jp/index.html

 同紙の「社説」とも言うべき「チューニング」欄の明快な主張も注目されます。

>http://www.matsuyomi.co.jp/tuning.html

どうぞご覧下さい。また、これらの情報をまわりの方々に広めてください。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

環境空気の悪さはもう我慢ならない

 VOCのモニターを連続していますが、環境空気の悪さは、自動車排気ガスのせいばかりでないけれども、どの地域でも、もう我慢がならなくなっています。健康を保てる環境とのバラナンスを考えない便利さの追求が、こんな酷い日本の空を作ってしまっているのです。 

 昨日も近くの奥さんに呼び止められ、「昨日までは誰にも言われなかった、今日も言われなかった」と言うことで、日に日に環境空気が悪化され身体で感じられる、もう我慢の限界に来た。どうしよう、と相談されました。

 一方、小さな道端の野草類も、除草剤の乱用で日に月に絶滅し、帰化植物に取って代わられています。

 古くからある森と、森が育んできた小動物や下草などは、便利さとは引き換えに出来ない貴重なものです。

 この時代では、一度失ってしまえば二度と再現できない種類の貴重な自然財産です。もう、遺跡といってよいほどの・・・。

 どんなに税金をかけてもいいから守ってほしいと思います。

  化学物質による大気汚染を考える会・」会員 津谷裕子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナバホ族の歌より

母なる大地は言いますもうこれ以上
わたしを傷つけないで下さい
父なる天は言いますもうこれ以上
わたしを傷つけないで下さい 〜ナバホ族の歌より

 港敦子(詩人)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「白紙撤回せよ」からスタートすべき

 今日、真に必要な道路計画なぞ、大都市近郊では皆無だと私は確信しています。
 特に都市計画道路では、まず例外がありません。
 「道路づくりには反対しない」などという中途半端な姿勢ではなく、まず「白紙撤回せよ」からスタートするべきではないでしょうか。

 梶山正三(弁護士)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

「関さんの森」の価値は道路の利便性を上回る

 環境問題が重要課題となっている現今、これだけの森は、その保護の為に最大限の努力が払われるべきです。
 松戸市の言う「公共の福祉」とは、結局は環境など全く考慮されないもののように見えます。市街地における「関さんの森」の価値は、道路の利便性を上まわる公共の福祉と考えます。

 内海和雄(一橋大学)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«「コミュニティ・グリーン」を残す努力を